古希のお祝いにプレゼントされると嬉しいものは

プレゼント

古希と言うと70歳の長寿祝いですから、もらう人はそれなりに見識のある立場ということになりますから、何を贈られても喜んでくれることは間違いのないところです。

でも、だからと言って、ありきたりのものをありきたりな方法で贈ったり、贈らなけらばならないからというような単純な気持ちでのプレゼントでは、台無しとなってしまうので、贈るには、やはり気持ちを込めることが一番大切ということになります。

古希の前の長寿祝いというと、還暦ということで、本来は最も盛大な祝いあのですが、最近の年配者は皆元気ですので、珍しいので祝う長寿であるはずが、珍しくもないということからやや興ざめているところもあります。

また赤を基調としたプレゼントが一般的ですが、60歳で干支が一回りして赤子に還るということがあるにしても、ピンとこなかったり、赤はどうも苦手という人もいて、昔の行事とは少しズレが生じている点があります。

そこへ行くと、古希は仕事なども一段落した人たちがほとんどで、お祝いカラーとしては紫ということもあり、ご本人にとっても、本当に祝ってもらいたいという気持になるころであり、それこそ気持ちを込めて、嬉しいと思ってもらうプレゼントを用意すれば、生涯記憶に残してもらえるものとなるわけです。

紫というカラーを基調にすることが大事ですので、この点は外さないで、あとは贈る人の予算、立場、関係などで選べば良いということになります。

タオルとアロマ

まずは、お孫さんたちの場合は高価なものは用意できないでしょうから、古希を迎えた人が日常使うものなどを用意するのが良いと言えます。

ハンカチであったり、バスタオルであったり、あるいはTシャツでもよく、おシャレなシャツなども喜ばれます。

運動をしているおじいさんおばあさんであれば、スニーカーなども喜ばれます。

おばあさんであれば紫のスカーフなども候補になります。男女を問わずマフラーなどもうってつけです。

ただし、これらにはポイントとして、どこかに紫色が施されていることは前述のとおりです。

社会人でもう少し多くの予算が用意できるのであれば、ちょっとした旅行鞄とか、時計、ジャージ、ダウンコート、ジャケットなども喜んでもらえます。

食事会

そして何よりも嬉しいと思ってもらえるのは、子供たちや孫たちが一堂に会しての食事会となります。遠くにいて普段会う機会が少ない状況であれば、なおのことになります。

ただ黙々と食べるだけでなく、進行に少し工夫を加えて、孫たちからのメッセージの場や、お手紙を手渡すシーンなどが入れば、感激もひとしおになります。

そしてそのときに、あらかじめ確認した趣味に関連したものや、日頃は贅沢だというところから買うのを控えていたようなものをプレゼントとして用意し、セレモニー的にお渡しすれば、なお一層嬉しいものとなること間違いありません。

こうしたことを頭に置いて、長寿を心底お祝いをし、感謝の気持ちを表し、いつまでも元気に過ごして欲しいという気持を表そうという心こそが、何ものにも代えがたい最高のプレゼントになるはずです。

 

参考記事→貰ったら嬉しい!古希祝いのプレゼントとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です