還暦祝いのプレゼントに赤の物が選ばれる理由

赤

古来からのしきたりで、数え年の61歳もしくは満60歳の誕生日を迎えた還暦祝いのプレゼントには、赤い色の物が相応しいとされています。

60歳の誕生日を迎える年は十干十二支が巡り、生まれた年と全く同じになります。

すなわち、生まれたばかりの赤ちゃんの時の干支が還ったことになるため、還暦祝いや満60歳の誕生日のプレゼントに選ばれる色になりました。

産着に使われた衣服の色も、子供の魔除けのために選んだと言われています。

鳥居

赤い色には鳥居に使われていることに関連して魔除けの意味もありますし、太陽や火の色から連想される、熱く活発で力にあふれたイメージもあります。

人間の血液の色も同様で生命力を表す色でもあるでしょう。

それらのイメージから考えて、再度生まれた頃に還って人生をやり直すのに悪いことから守られるようにとか、更に長生きをして力強く元気よく過ごして欲しいという意味を込めて使われます。

従来は還暦祝いとして子供や孫と甥姪などの親しい親族から、小さい子供が着用した袖のない赤いちゃんちゃんこと帽子、縁起の良い象徴の扇子を贈られて祝いの席で着用するのが通例でした。

しかし、近年では元気なシニア層が増えたために、ちゃんちゃんこを着ると年を取ったみたいで嫌だと不満の声が大きくなってきています。

また、以前は家で御祝いをする家庭が一般的でしたが、時代が下るにつれ外食をして親族一同で集まって還暦祝いをする所も増えています。

出先まで用意をして持って行くのは大変な場合がありますし、人目があるので着用するのに気が引けると考える方もいます。

御祝いをされる方が喜んでくれるのが大切ですので、衣装はやめた方がいい場合があるでしょう。

近年では、定年退職の年齢が引き上げられている会社もあり、現役で働いている方も多いです。趣味やお付き合いで精力的に動いている方もいます。

還暦祝いは長寿の御祝いとして捉えるよりも、成人式と同様に人生の通過点や節目の年を祝う意味合いが強くなってきています。

赤い色であれば、ちゃんちゃんこにこだわる必要がなくなり、満60歳を迎えられた方が喜ぶ物を贈った方がいいでしょう。

ネクタイ

ちゃんちゃんこの代わりにギフトコーナーやデパートで選ばれるのが、ファッション小物です。

ブラウスやシャツなどでもいいですし、男性であればえんじ色のネクタイやタイピンとか、タオルやハンカチのセットも喜ばれます。

女性であれば、ルビーや珊瑚などのアクセサリーやスカーフ、バッグなどを選ぶとお洒落で気が利いています。

お酒が好きな方ならワインでもいいですし、迷う場合は、還暦祝い用に贈りたいと店員に伝えて花のアレンジメントを依頼することも可能です。

プリザーブドフラワーのように水分を抜く加工をしていれば、長期間咲いている花を楽しんでもらうこともできるでしょう。

旅行が好きな方であれば、プレゼント品にこだわらずに、地名に「赤」が入っている場所の宿泊施設等を手配して一緒に旅行に行くのもおすすめです。

 

参考のおすすめ記事—還暦祝いには赤いものを贈ろう!理由やプレゼントの例について