退職祝いで贈り物を選ぶときのポイント

ポイント

長年仕事を一生懸命に取り組んできた人が定年退職を迎える場合、多くの人から感謝の意味を込めて贈り物を渡します。

定年退職以外にも様々な理由で退職することがあり、その内容に合わせて選ぶことが重要です。

20歳代や30歳代の女性は結婚や子どもを出産する時に退職することも多いため、上司や先輩に贈る時とでは選ぶ内容が変わってきます。

退職祝いを贈る時は、それぞれのシチュエーションよって選ぶ物を変えていきます。

上司や目上に人へ退職祝いを贈る時は、失礼のないようにマナーを守ることが大切です。

長年会社のために働いてきた感謝の気持ちや敬意を込めて贈るようにします。一口に退職祝いと言っても、贈り物を選ぶにはかなりの時間と労力が必要です。

何を選べばよいのか分からず、決められないまま時間だけが過ぎてしまうことも少なくありません。

選ぶ人たちも毎日の仕事があるので、選ぶための時間は限られているので効率的に選んでいく必要があります。

疑問

選ぶ時のポイントは、退職する人の年齢や趣味などに合わせて選ぶことです。相手にどのような趣味があるのかがわかると、その人に必要な贈り物を選ぶことができます。

退職する人の趣味や年齢に合わせない場合、受け取っても嬉しいという気持ちが生まれてきません。

休日には釣りに出かけることが多いとか写真を撮影することが好きだということがわかれば、贈り物を選びやすくなり相手もよろこんで受け取ってくれます。

そのためには、普段から相手の趣味などを調べてるようにしましょう。

仕事でしか付き合いのない場合は聞きにくいので、普段何を好んで食べたり飲んだりしているかを調べると選びやすくなります。

趣味などがわからない場合は、日常生活の中で使うことが多い物を選ぶようにしましょう。

趣味や好みを調べようとしても、仕事上の関係だけの場合はわからず困ってしまうことが多くなります。

普段でも使うことの多い万年筆やボールペンなどの中から、少し高級な物を物を選ぶと相手が困ることがありません。

筆記道具

女性が退職する場合は、退職理由に合わせて贈り物を選ぶことが大切です。

現在の仕事を退職し別の会社に転職する場合は、新しい会社で使うことができる筆記用具などを選ぶとよろこばれます。

20歳代の女性が結婚や出産のために退職する場合は、新しい生活に便利な物を選ぶようにします。出産間近の場合は、健康用品などを選んで贈るとよいでしょう。

育児用品を贈る場合は、出産が無事に終わってからにした方がよいでしょう。

同じ女性でも30歳代の場合は、趣味や生活スタイルに合わせた贈り物を用意するとよろこばれます。

40歳代や50歳代の女性は、仕事で必要な道具はほとんど揃えていることが少なくありません。

同じような物を贈ってもよろこばれないので、退職祝いは何がよいか確かめておくこと選びやすくなります。退職祝いを選ぶ時のポイントは、贈る相手の理由に合わせることです。

定年や転職などで退職する場合はこれまでの感謝の気持ちを込めた物、結婚や出産などの場合は新生活に便利な物などから選ぶとよろこばれます。

 

関連するおすすめの参考記事→退職祝いで贈り物を選ぶコツ!相場や選ぶ際に意識すること