酒好きな父への傘寿祝い

お父さん

傘寿を迎えた父へのプレゼントであれば名入れ酒などはどうでしょう。

勿論父がお酒が好きという条件はありますが、その条件が当てはまれば、家族全員が感動する席にすることが出来ます。

父が一番喜ぶのはどこでも自分の家族の幸せでしょう。その上で自分もお祝いをしてもらえるという事になれば言うことはありません。

そうした席であればどんな人も幸せを感じることが出来るはずです。

特に形式ばったものは必要ありません。お酒が好きだというのであれば、それを贈ってあげるのが一番です。

贈られた側は自分が好きなモノが頂けると、自分を気遣ってくれているというその気遣いに感謝する気持ちになります。

そして、それは家族が揃っている場で贈ってあげると全員からの贈り物という事になるので、感謝も人一倍に感じることでしょう。

酒

出来る事ならお酒にメッセージなどがあるとさらに嬉しい贈り物になります。

単にすきなものをプレゼントするという事でもいいのですが、それだけではなく、自分たちの気持ちが言葉となって伝わるメッセージがあると、これで喜ばない人はいません。

特に傘寿を迎えたような方はそれまでに多くの苦労をしてきているはずですから、そうしたことに対する労いの気持ちや言葉にはとても敏感です。

面と向かっては言いにくいこともあるでしょうが、メッセージカードや手紙というような形にすると、感謝の気持ちも伝えやすくなるはず。

父もその場で読んだりはしないで、後でじっくりと見るというような事をするかもしれません。

基本的に男性はいくつになっても恥ずかしがりですから、人前であまり気持ちをうまく表現できないかもしれませんが、家族から祝ってもらうようなことがあれば、それを喜んでいない人はいないと考えていいでしょう。

口に出さないだけで、かなり嬉しいと感じているはずです。傘寿を迎えたような方になると、自分を祝ってくれるようなケースもどんどんと少なくなっています。

誕生日のようなものもそれほど嬉しいとは感じなくなっているでしょうが、こうした家族から感謝される時間というのはかけがえのない思い出となってくれます。

これまでの苦労が一気に報われた気分にもなるかもしれません。

特にこれまで苦労をして来た人にとっては自分がして来たことが間違いではなかったという確信を持てる瞬間になるかもしれません。

酒

贈り物は好きなものであれば、何でもいいのですが、お酒が好きというような方であればお酒が妥当で無難という事になるでしょう。

嫌いなものや興味がないモノを贈ると、自分の事が分かっとらんという要らぬ誤解を受けることもあります。

お酒であれば名入れ酒のようにして自分の名前を入れてもらうとこれで、贈り物の体裁も整えられる感じになります。

男は自分の所有物にこだわりを持つ人が多いので、自分のモノになるという事はとても嬉しいことなのです。

他の誰でもない自分に対して贈られたものであり、家族の感謝も感じられるので、こうしたプレゼントは喜んでもらえるのです。

 

おすすめの関連記事→傘寿のお祝いに喜ばれる「名入れのお酒」!おすすめのお酒や魅力、オプションについて