結婚式でのテーブルマナー

結婚式

結婚式に招待された際、食事の提供を受けることになりますが、あまり経験がないのにコース料理が出てきた場合、戸惑ってしまう場合があるかもしれません。

近いうちに出席する予定がある方は、洋食、和食のどちらが出てきても慌てなくて済む程度には事前に知識をつけておくのが良いでしょう。

洋食の場合

スプーンとナイフ

洋食レストランを利用する経験が少ない方は、スプーンやフォークが何本も並べてあるのを見て戸惑うことがあります。

コース料理だと、それぞれの料理に合わせたものを使わねばなりません。ですが、難しく考える必要はありません。

外側から順番に使っていくように並べてあることだけ知っておけば十分です。

また、途中で席を立つときに、まだ食べ終わっていないときは、ナイフとフォークを自分から見て八の字になるように置くようにしましょう。

端に寄せて置くと食べ終わったサインになるので、ほとんど手をつけていない料理であっても片付けられてしまうことがあります。

それ以外に気をつけるべきテーブルマナーもご紹介します。

まずスープなどを飲むときに音を立てないようにすることは割とよく知られていますが、カップ以外の食器を持ち上げることもマナー違反となります。

ですので、洋食を食べる習慣が少ない方は注意しておきましょう。

食後にナプキンを畳んだりせず、極端に乱雑に見えない程度の状態で、使った後そのまま置いたような状態にしておきましょう。

畳んでしまうと美味しくなかったというサインになってしまうので、その点が日本の感覚とは異なることを知っておきましょう。

和食の場合

箸

箸のマナーについてはよく知られていますが、

  • 箸を宙でさまよわせる「迷い箸
  • 食器を箸で引き寄せる「寄せ箸

は見苦しいとされていますので気をつけましょう。

汁物の御椀に蓋があるときは、蓋を取って裏返して置くのはマナー違反になります。そのまま裏返さずに置いて大丈夫です。

洋食と違って食器を手に取ることは問題ありませんが、片手で楽に持てるものであっても持ち上げるとき、置くときは両手を使うようにしましょう。

食べ終わった食器を重ねたり、食器の上に箸を置くことのないようにしましょう。

ほとんどの場合、空いた皿はすぐに下げてもらえます。

しかし、テーブルの上が狭いと感じたら下げてほしい食器を外側に置き、食べたいものを手前に置くようにしておけば問題ありません。

箸を手から離すときは必ず箸置きの上に戻しましょう。

洋食、和食共通のマナー

マナーが大事だという女性

テーブル下に何か落としたときは、自分で拾わずスタッフの方にお願いするようにしましょう。

マナーを守ることが大事とされるのは、お互い相手に不快な思いをさせないためです。

そのため、食事の様式がどのようなものであれ、細かいマナーに気をとられすぎることなく、周囲の方を気遣う意識を持っていれば、大きな失敗をすることはありません。

ここで説明したような、基本とされる点だけを守っていれば、それほど神経質にならなくても大丈夫でしょう。

結婚式のマナー全般について→結婚式でのマナー